2013/4/15

雑感

「関西ロケ芸人がどんどん減っていく問題」について考える

この春から、とうとう千鳥が完全に東京へ移籍したそうです。
東京で売れている関西出身の芸人さんを見ると、良かったなあと思う反面、寂しさを感じるのは私だけでしょうか?
かつては、サバンナも、ブラックマヨネーズも、チュートリアルも、南海キャンディーズも、みーんな関西のローカル番組にバンバン出ていました。
それが当たり前と思っていたあの頃、失って初めて気付く、この気持ち・・・。

めちゃめちゃ面白いけど、東京進出せずに関西に根付いている芸人さんも、もちろんいらっしゃいます。
全国的にはなじみが薄いかもしれませんが、私の中ではキングオブ関西ロケ芸人の皆さんをご紹介します。
数年後には、全国区になっているかもしれませんね・・・。

2丁目出身・関西在住最後の大物、シャンプーハット

http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=110

こいちゃんがアメトークに出る度にドキッとしてしまいます。
もちろんウケて欲しいと思うんです。でも売れたら東京に行くかもしれない・・・と、つい発想が飛躍してしまいます。
関西では面白い番組には必ずシャンプーハットが出ているような気がするくらい、メジャーな存在です。
娘も2歳の頃は既に「てれちゃう」をマスターしていました。「ラブ注入」と同等に・・・。
お二人ともご家庭があるので、きっと東京進出はないであろうと勝手にふんでいるのですが、どうでしょう。
そういう今も、てっちゃんが出ているラジオ「こころ晴天」を聞きながらブログを書いていますが、単身赴任で東京へ行く話が出てきました。
二人目のお子さんが先週産まれたところなので、直近はなさそうですね・・・。

この二人のグルメロケにハズレなし、ミサイルマン

http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=185

この写真は岩部さんの前髪が短いですね。今は涙のリクエスト時代のフミヤのようにあご位まで伸びています。そして食レポの時には、必ずその一束を耳にかけて食べます。
すいません、、言葉で書くと全然おもしろさをお伝えできないのですが、そこで必ず笑ってしまいます。
最近は武将キャラを押していて、正直何を言ってんのかよくわかりません。でもやっぱり笑ってしまいます。
西代さんは、いくよくるよ師匠に「おにくちゃん」とあだ名をつけられたので有名です。見たままです。
差し入れの大量のおにぎりを完食したので気に入られたそうです。おばちゃんは良く食べる子を褒めますからね。。
お二人はビジュアル的にも東京向きなので、行ったら絶対売れてしまいますよ、きっと!

街ブラ番組のセオリーを覆した、海原やすよともこ

http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?id=028

関西の皆さん、日曜の夕方「やすとものどこいこ!?」という番組をご存じでしょうか?
ゲストの芸人さんと一緒に、ショッピングモールをぶらぶら買い物をする、ただそれだけの番組ですが毎週見てしまいます。
時々、姉妹で小競り合いがあります。トイレ行ってくるわあ〜と言って、途中で抜けます。
薬局に寄ると、海外の柔軟剤の匂いをかぎまくって、これええ匂いやわ〜と買っています。
安い靴下が売っていたら、これも必ず買っています。
一時期、どっかのメーカーの顔用のピーリング剤がめっちゃいいからと、見つける度に後輩芸人に買ってあげてました。
多分番組のスポンサーとかではなくて、普通にほんまに気に入って使ってるんやと思います。
先日、近所の無印に行くと「やすとものどこいこ!?に紹介されました」というポップがクレンジングに貼られていました。きっと視聴率は高いんでしょう!
同年代アラフォー姉妹の普通のやりとり、普通の買い物風景が、とにかくツボなんです。
彼女たちは、大阪のおばちゃん道をこのまま突っ走って欲しい、私たちとともにーーー。

最後に

この最近、関西ローカル番組でよく見かける芸人さんは、ダイアン、銀シャリ、ウーマンラッシュアワーなど・・・。
そのウーマンラッシュアワーも、今年春から東京移籍だそうです。枚方出身、がんばれ!

芸人さんを批評するなんて無粋なことをしてしまったかもしれません。
テレビが面白くないと言われる昨今、根っからテレビっ子の私としては、テレビがいつまでもドキドキワクワクするものであってほしい。
東京の番組もいいけど、関西のノリでいつまでも思いっきり笑いたいなあ。
若い頃ダウンタウンに憧れた、2丁目世代の独り言です。

Share on Facebook2Tweet about this on Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Trackback

こちらもあわせてどうぞ