2015/11/4

おすすめ本

2015年10月に読んだ本

読書の秋ですねー。10月に読んだ本の感想をまとめます。

「アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話」森本千絵

「アイデアが生まれる、一歩手前のだいじな話」森本千絵 名刺にはアートディレクターではなく、コミュニケーションディレクターという肩書きに変えたと書かれていたけれど、本当にコミュニケーション力の高い方なんだなあと感じた。そういう資質はもういくら勉強したとしても手に入らないものだし、森本さんの生い立ちを読みながら自分の子育てに置き換えて考えてみたりした。 中学から広告の世界を目指して予備校に通うなんて、渋すぎる! 将来の夢は明確に決まっていたのに、実際は順風満帆ではなく、志望大学を落ちたり、短大から編入してもグラフィックではなくワークショップを学ぶことになったり、博報堂に入社してもCM制作の部署に配属されたり、紆余曲折があってのことと知り意外だった。でもそれら、グラフィック広告とは少し離れた仕事が結果的に今の森本さんに繋がっているんだなあということが、数々の事例でよくわかる。 もっと本気にならないと、という言葉があったけど、それはこの本を読んだ読者が一番感じることではと私は思う。 #森本千絵 #アートディレクター #読書

A photo posted by kunugidesign (@kunugidesign) on

「何者」浅井リョウ

「これが本当の冷えとりの手引書」進藤義晴 進藤幸恵

「これが本当の冷えとりの手引書」進藤義晴 進藤幸恵 極度の冷え性で、若い頃から靴下の重ね履きをしていたので、冷えとり靴下が流行り出した時に買ってみた。でもすぐ小指が破れて捨ててしまった。 久々にまた買おうかなと検索していたら、こちらの著書の方が冷えとり靴下と半身浴を始めたと知り読んでみた。 前半から冷えとりでがんが直るとか書いてあり、目が点(*_*) 破水した妊婦さんが、とりあえず家で半身浴を30分したから安産やった、とか。いやいやいや…(*_*) 体を冷やす食べ物とか、西洋医学の知識的なことも書かれてあったので全てを否定的に読んだわけではないけど、盲信的にはなれないなー(´・_・`) 私の場合は運動不足と筋肉不足が原因で冷えてるんやと思うので、靴下を過信したらあかんな〜と自己完結。でも冷えて眠れないから、どこかで売ってたら買おうっと。

A photo posted by kunugidesign (@kunugidesign) on

「パンとスープとネコ日和」群ようこ

「パンとスープとネコ日和」群ようこ 母のはなし、を読んでからこちらを読むと、主人公のアキコは出版社出身だし、モデルが群さんご本人だと思った。亡くなられた食堂を切り盛りしていたお母さんは、群さんのお母さんかな。 アキコは食堂をはじめる。食堂の描写で、読者はつい、かもめ食堂を思い出すと思う。 読んでから検索して知ったけど、小林聡美ともたいまさこと加瀬亮と市川実和子(お姉ちゃんの方)でドラマ化してた!これはツタヤ行かなあかん(O_O) 狙ってるわけじゃないのに、お客さんがみんな同じ格好していて、こちらは限定したつもりではないのにそれでいいのか、みたいな悩みが何度か文中に浮かぶのだけど、それって群さん自身の読書層に対する悩みなのかしら?と深読みした。 誠実で強い、しまちゃんに憧れるなあー。 #群まさこ #パンとスープとネコ日和 #読書

A photo posted by kunugidesign (@kunugidesign) on

先月は仕事の本を全然読んでない〜。勉強せねば!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてどうぞ