2018/5/24

雑感

ロック好きオバサンが最近聞いている邦楽バンド

我が家のGoogle Homeちゃん、使い方がよくわからないので、もっぱら音楽スピーカーとして使用しています。
この年になるともう新しい音楽を開拓しようと思うこともないし、好きなものは何十年も変わらないわけですが、最近よく聞いている日本のバンドをご紹介します。
久々に聞くと良い!となったバンドも、昔から好きなバンドも、若い子のバンドもひっくるめて、こんな音楽を聴きながら仕事や家事をしています。

MORE…

2018/5/22

雑感

自分で作った服を着る

暖かくなりました。春から秋にかけては、ソーイングの季節です!
去年あたりから、自分で作れそうな服は自分で作るようにしています。
ジャケットやコート、ニットやサロペットなど、素材や縫製に凝った服は買いますが、ブラウスやパンツ、スカートなど簡単なものはミシンさえあれば1日で作ることができます。
ミシンに凝りだして10年経ちますが、一昔前に比べるとハンドメイドの型紙も色んなテイストのものが発売されていますので、意外とかわいく作れますよ〜。
MORE…

2017/8/6

雑感

ブリューゲル「バベルの塔」展を見ました

大阪の国立国際美術館で開催中の『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 ―ボスを超えて―』展覧会を見に行きました。
http://babel2017.jp/

40代の私としましては、「バベルの塔」と聞けばまずバビル2世が思い浮かぶのですが、「バ」じゃなくて「ビ」ということは別物なのでしょうか?!
MORE…

2017/1/13

雑感

北欧と国産のかわいい布でハンドメイド

今期の朝ドラ「べっぴんさん」は、裁縫好きにはたまらないドラマで、私のハンドメイド熱もまた上がってまいりました。
とはいえ、センスも技術もないので最近は洋服作りはあきらめ、直線縫いで短時間でできるものに限って作っています。

少し前まではイギリスのリバティ柄が流行っていましたが、最近はファブリックも北欧ブーム。
海外の布はお高くてなかなか手が届きませんが、なかなか買えないからこそ欲しくなるもの。
温かみのあるプリントは見ているだけで癒されます。
また、国産にも素敵なプリントのものが増えてきたように思います。お値段が海外より手に取りやすいのも嬉しい。

「べっぴんさん」で、「手作りは作っている工程も楽しい」というようなセリフがありましたが、本当にその通りだと思います。
こういうものが欲しいけど、どんな布で作ろうか?と、ネットで布を吟味する時間も本当に楽しいです。
下手っぴで布の魅力を伝えることができていない気もしますが(^_^;)我が家のかわいい布たちをご紹介します!

MORE…

2016/8/10

雑感

2016年上半期に行った美術館展

京都大阪神戸あたりで興味のある美術展があれば、仕事の合間を見て遊びに出かけています。
特に芸術に詳しいわけではないのですが、絵の背景にある歴史や画家の想いに触れて、色々考えさせられることもあります。単純に絵の力に圧倒されて感激することもあります。
2016年の上半期に見に行った美術館展をまとめました!
MORE…

2015/8/1

雑感

CUTiE休刊の悲報に青春のファッションを思い出してる

CUTiEが休刊するというニュースを読んで、アラフォーおばさんの私も寂しくなってしまいました。
以前、「1998年のcutieが出てきたから見てみよう」という記事を書きましたが(アイキャッチ使い回しですいません…)、私がcutieに本当にはまっていたのは月刊誌になった当初(おそらく1989年辺り)からの数年間でした。
高校生活はcutieで頭がいっぱいだったと言っても過言ではありません…。それくらい、私にとっては(当時のバンド好きの女の子にとっては)バイブルだったわけです。

そんな中、twitterで「#初老のCUTiE」というタグを見つけまして、そう、初老である私の興奮は最上級に達しましたwww!
誌面や表紙にも見覚えがあって、モデルさんやブランドの名前を数十年ぶりに思い出して、わあああー!とテンションがあがってしまいました!cutieのキッズコレクションに憧れて、ライブで見かけるおしゃれなお姉さんにも憧れて、少ないお小遣いで服を買ったりやりくりしていた頃を思い出します。

子供の夜泣きで眠れなかったので、あの頃よく着ていた服を思い出して夜中の3時に書いてみました。
(デザイナーらしからぬ精度の低い手書きイラストと、40代らしからぬ小汚い字で申し訳ございません…。)

MORE…

2014/12/28

育児, 雑感

学ぶということ、働くということ

先日、高校時代からの友人に会った時に、彼女が懐かしいものを持ってきました。
なんと、24年も昔にみんなで交わしていた交換日記です。
懐かしいやら、恥ずかしいやらで読みながら爆笑しておりました。
高校の3年間、総勢12人くらいで回していたのですが、普段感じる事がなかった友人の本音に触れることができ、とても楽しみにしていたのでした。
非モテ女子集団だったので浮いた男の話題はほとんどなく(笑)、最近見た映画や好きなバンドの話、先生やクラスの子のうわさ話などなど、話題は様々なんですが、読んでいてとても印象に残ったのが、将来への漠然とした不安、現状の学校生活への不満に関する言葉でした。
MORE…