2020/5/8

フリーランス

コロナ後、私と子どもの環境の変化

休校が始まり2ヶ月たちました。
4月に延長された時には、なんとかゴールデンウィークまで頑張ろうという思いでおりましたが、あっさり再延長。
文句を言ったところでコロナが消えるわけでもなく、家でじっとしておくことしか出来ることがないのでじっとしています。
ずっと家で一人、家事も仕事もマイペースに過ごしていたのに、毎日賑やかで気が抜けない日が続いています。
皆さんは、いかがでしょうか?

AD

フリーランス Webデザイナーとしての私のお仕事事情

震災の後も予定されていた案件が無くなったことがありましたが、今回もやはり動きが止まったお仕事がいくつかありました。
クライアントさまもおそらくテレワークとなり、なかなか進まない話もあるのでしょう。
また、飲食店さまの案件を数ヶ月前から予定しておりましたが、ご連絡がないままになっており、こちらからご連絡するのも忍びない状況です。

この春、やはり昨年に比べるとお仕事は少ないのですが、子どもの世話や家事の増加で1日に集中して仕事ができる時間も減っており、結果的に土日もGWも関係なく、毎日少しづつ仕事を進めているような日々です。
ゆっくり休む暇はありませんね。
春は自律神経が不安定になりがちなのですが、体調不良で寝込むことも度々ありました。

一ユーザーとしての私感ですが、今までリアル店舗や対面販売を主にされていた企業さんが、急遽オンライン販売を始められることが増えたなと感じました。

春は様々な焼き物の産地で陶器市がなされるので、今年もとても楽しみにしていたのですが、全て中止になりました。それにより、器屋さんや陶芸家さんが独自でECサイト開設されたり、SNSを使って販売をされているのをお見かけしました。
また、普段愛用している化粧品メーカーは、接客をとても大切にされておられるのでネットでの販売を一切されていなかったのですが、自粛中は店舗も閉店されているので、期間限定でネット販売を行なっておられました。

ECに特化した制作会社さんは、きっと今まで以上に受注が増えるのではないでしょうか。
小規模なビジネスのECサイトであれば、予算をかけて独自に構築するよりも、既存のサービスを使って低コストで始める方を望まれることが多いと思います。
テンプレートを用いて作るようなECサイトでも、オーナーご自身で作成するには難しい場合もあるかと思いますので、商品撮影やヘッダー画像の作成、テンプレート設定などの代行業務やコンサルは需要があるんじゃないかなと思っています。

逆に、ランディングページやバナー等の広告媒体は減るかもしれませんね。
私が担当させていただくお仕事は、企業サイトのリニューアルデザインや商品のキャンペーンページが多いため、予算としては削られる可能性も高いだろうと思います。
私のお仕事自体も、今年は厳しくなるかもしれません。。

ここ数年、同業のフリーランスの方が増えた印象がありました。
さらにこの状況ですから、会社から独立される方が今後はもっと増える予感もします。

子どもの休校、その後

始業式が急遽無くなり、宿題は親が取りに行きました。
その宿題も2週間程度でほぼ終わってしまい、チャレンジタッチ や購入したドリルなどをさせています。

家で勉強のモチベーションを持たせることは本当に難しいです。
私が仕事をしている間は遊んでしまいますので、勉強させるならある程度目をかける必要があります。
特に次女ちゃん。昨年の復習ならまだ一人で完結できますが、新学年の勉強はわからないところがあります。
私が教えてもなかなか理解できていなかったり、何度か間違えていたりすると、教え方って難しいなあと私も悩みます。
休校中に親が教師の代わりをする必要があるのであれば、やはりその時間、親は仕事をできません。

オンライン授業やZOOMで朝の会を実行されている学校の記事を読んだりすると、羨ましいなあと思います。
なんでうちの学校はないんだろう。予算の問題でしょうか?体制の問題でしょうか?先生も家で在宅勤務をされているからでしょうか?

大阪府知事の吉村さんは、子どもの心のケアが必要だとして、府内の子どもに図書カードを配る政策を決定しました。
図書カードはできれば勉強のものを購入してほしいけど、実際はこだわらない(子どもが楽しめる書籍を読んでリフレッシュしてほしいという意味だと解釈しました)、そしてそれを先生が配ることで子どもの様子を見てほしい、ということをおっしゃられていました。
共働きで何ヶ月もひとりぼっちで留守番しているお子さんもいるだろう、虐待のSOSが出せないお子さんもいるかもしれない、そういうお子さんたちはきっと先生の顔を見たら安心すると思います。
うちの娘たちも、娘のお友達も図書カードが届くのを喜んで待っていました。
でも実際は、今も配られていません。
すでに府から市には届いているのに、市の教育委員会の判断で配布が保留されているようです。はあ、がっかり。

学校からは時々忘れた頃にメールが来ますが、内容はいつも「公園や道で集団で遊んだり騒いだりしないようにしましょう」というもの。
きっとご近所の方がうるさいと通報されるんでしょうね・・・。(それでか、うちの近所の公園はいつ通りかかっても小学生はおらず、幼児さんかご老人だけで閑散としています。)
それも大事なことだけど、もう少し他に子どもたちに何か発信することはないのかな?と保護者として不思議に思います。

そんな中、今期のPTA会長から一斉メールが届きました。
学校のオンライン授業は検討しているのか?生徒が勉強でわからないところがあれば学校に聞いていいのか?等、私たち保護者が悶々としていたことを学校に代表して質問していただいたそうです。
個人的に直接学校に要望することは、モンペ(モンスターペアレント)と思われないか、正直なところ勇気がいります。
小学校のPTAは形骸化しているようだし、なくなってもいいのでは?なんて思っていましたが、こういう有事の時にはやっぱり保護者代表の存在はありがたいなと改めて思いました。

さて、吉村知事の話では、大阪府内の小学校は基本的には月末まで休校ですが、来週から分散登校が始まるそうです。

仕事と家事と子どもの遊び相手に教師、自分が担う役割が多すぎて混乱しますが、これもきっと一過性の生活と信じて。

コロナが収束しますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてどうぞ

AD