海

2019/11/7

フリーランス

災害とテレワーク

私の住む大阪では、昨年大きな震災と台風の被害がありました。
今年は関東や東北を中心にさらに台風が上陸する機会が増えており、今後も起こりうると言われています。
私はフリーランスなので通勤の必要がないテレワークを実践しているのですが、災害の日に実際はどうだったのか、振り返ってみたいと思います。

パソコン作業中の停電が怖い

私はimacで作業しているので、コンセントで電源に繋げないと仕事ができません。
作業中に停電になると制作データが飛ぶだけでなく、パソコン自体にも影響が出るかもしれません。
以前、雷による停電があった際に、パソコンを繋げている雷サージ付きのコンセントタップが壊れてしまい、パソコンの電源が切れてしまいました。
それが影響かはわかりませんが、その時使用していたimacは調子が悪く、早く買い換えたのを覚えています。

大きな台風が来ることがわかっていた日は、そのようなことにならないように、コンセントは全て抜いた状態で待機していました。
私の住む地域はゲリラ豪雨が非常に多く、夏場の夕方は毎日雷が鳴り響くこともあります。その場合も、すぐに作業を止めています。

関西以外の方とお仕事をさせていただくことが多いのですが、災害は地域性があるため、「本日は停電の可能性がある為、急ぎの作業ができません」とご調整いただくことが心苦しかったです。

停電対策については、やはり個人の自宅よりも、会社の方が万全ですね。
会社員時代はそこその社畜でしたので、雷などにも動じずに仕事をしていましたが、ビルの中で停電した記憶がありません。

ですが、もしノートパソコンであれば、充電ができるので作業は可能です。
ノートパソコン+モニタでの制作は個人的に使いにくくて好きではなかったのでできるだけimacを使い続けて行きたいのですが、停電のことを考えると便利なのかもしれませんね。
でもルーターが繋がらなかったら同じかな。。

災害時に仕事をする余裕がない

震災の日は水やガスが止まり、慌てて火を使わなくて良い食料を買い出しに行ったり、一人暮らしの親族が避難してきたりでバタバタでした。
台風の日も、外はどこかのカーポートが引きちぎられて飛んでくるような有様で、家が壊れないか、窓が割れないかずっと不安でしたし、とても仕事のことを考える余裕はありませんでした。

また、学校が休みになるので家に子供がいます。まあー落ち着きません。
家事や子育ては災害時も通常営業です。
どうしても仕事より家を優先せざるを得ない状況でした。

会社員の夫はテレワークが可能

夫は会社員なのですが、テレワークの制度があるので、震災と台風の日は家におりました。
そもそも電車が動いていなかったので通勤ができなかったのですが、それでも来いと会社に言われたらどうするのでしょう・・・。
でも世の中にはそのような会社もありますよね。
また、災害だからこそ出勤が必要なお仕事の方には、頭が上がりません。

が、両日ともに結局のところ終日仕事ができる雰囲気ではなかったので、必要な作業だけノートパソコンで行い、有給扱いで申請したのだと思います。
逆にあの状況で一人もくもくと8時間仕事できたとしたら、強者です。
もし会社に「災害でもテレワークできるんだから仕事してちょーだいね!」とか言われたら絶句ですけど、幸いそのような会社ではなく、助かりました。

災害の日はテレワークより休もうと言いたい

結論、テレワークはありがたい制度ですが、災害当日は休むしかないと思います。
昨今のように大型台風が来ると数日前から事前にわかっている状況であれば、企業も休みにして良いのではないでしょうか?

反面、被害が長期化し、通勤が数日困難な状況で、インフラが整い日常を取り戻しながら仕事も再開したい、という状況でのテレワークはもちろん有効だと思います。

来年の台風はどうなるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こちらもあわせてどうぞ