2018/9/17

おすすめ本

あの頃の別マ

主人公の傍若無人なふるまいと、脈略のないストーリー展開で物議を醸し出している?現在放映中の朝ドラ「半分、青い」。
私も早々に離脱しかけましたが、文句言いながらもなんやかんやとチェックしております。
最近は「#半分ホラー」のタグも楽しみにしています。

ドラマ中盤の漫画家編で登場したオフィス・ティンカーベル。そこには、くらもちふさこ先生の壁画が!!
あの数々の名作を描いている作者が、気難しい中年おじさん(!)という設定に、脚本家はちゃんと漫画を読んだのか?!と怒りさえ湧いてきたのは私だけでしょうか。。
最初は違和感ありありでしたが、振り返ってみると、あのドラマの中では秋風先生が最もまともで愛されキャラだったなーと思います。

鈴愛はまさに私と同年代。
小学生の頃はりぼんやなかよし、中学生になると別マ(別冊マーガレット)、高校生になると岡崎京子、と読んで大人になってまいりました。
思春期に読んだ別冊マーガレットの作品は、今でも時々懐かしく読み返しています。
特に好きだったのが、都会的でおしゃれなくらもちふさこと、少女の心理描写がリアルな紡木たく。
私の中では前者はキョンキョン、後者は中森明菜のイメージです。
そんな大好きな漫画家さんの当時の作品をご紹介します!

MORE…

本気で家計を変えたいあなたへ

2018/7/3

おすすめ本

「本気で家計を変えたいあなたへ」を読みました

主婦にとって家計とは、死ぬまで試行錯誤しないといけないもの。
独学なので正解はわかりませんし、一度は私もファイナンシャルプランナーさんに相談してみたいなあと思っていたのですが、まずはこちらの本を読んでみました。
著者はネットでたくさん連載を持つ前野彩さん。素人にもとてもわかりやすかったです。
家計簿をつけても節約できていないとか、収支をきちんと把握できていないという方にオススメです!

MORE…

2017/8/24

おすすめ本

「劇場」を読みました

新潮に載った又吉直樹「劇場」をようやく読みました。
冒頭の5行がいきなりいいです。
売れない劇団「おろか」の脚本・演出の永田、服飾の大学に通う沙希、二人の何年かのお話。
下記、ネタバレありますのでこれから読まれる方はスルーしていただければと思います。
MORE…

2017/7/5

おすすめ本

「40代、職業・ロックミュージシャン」を読みました

2013年に出版された大槻ケンヂ著の「40代、職業・ロックミュージシャン」を読みました。

TOMOVSKY(元カステラ)、森若香織(元ゴーバンズ)、宮田和弥(ジュンスカ)、水戸華之介(アンジー)、ウルフルケイスケ(ウルフルズ)、鈴木圭介&グレートマエカワ(フラワーカンパニーズ)、川西幸一(ユニコーン)、アツシ(ニューロティカ)、石川浩司(たま)、渡瀬マキ(リンドバーグ)、ROLLY(元すかんち) などなど・・・80年代後期のバンドブームで大活躍されていた蒼々たるアーティストに加え、SIONやファンキー末吉など40代よりさらに上の年代の皆様と、大槻ケンヂが対談しています。

前書きによりますと、「40は不惑の年と言われておりますが、孔子の言うことは間違いで、人は皆惑っておりますよ」と。
いやー、ほんまにそう。私も40代、惑いまくっておりますので共感いたします。
憧れのロケンローな皆様は、この年代をどのように過ごしておられるのでしょうか?
浮世離れしたイメージの彼らが、非常に現実的なことを語ったり、やはりイメージ通り浮世離れなことを語っておられました。

MORE…

2017/3/28

おすすめ本

「きみは赤ちゃん」を読みました

川上未映子さんが35歳ではじめて出産された際のエッセイ「きみは赤ちゃん」を読みました。
川上さん独自のええあんばいの文章で、おもしろおかしく、時にしみじみ、時に号泣・・・の本でした。

「きみは赤ちゃん」は、Webで連載されていました。
http://hon.bunshun.jp/category/kimiwa-akachan
この連載を知った時、私は第二子を産んで睡眠不足最高潮の頃で、本を読む暇も余裕も全くありませんでした。
結局、「きみは赤ちゃん」もその時に一度読んだきりだったのですが、少し子育ても落ち着いた今、そうそう、未映子さんの出産本、、と思い出して読みました。

下記、ネタバレありです。
MORE…

2017/2/26

おすすめ本

「PTAをラクにたのしくする本」を読みました

読書日記をインスタグラムにアップしていたのですが、これからはブログで書いていこうと思います。
最近本を読むペースがぐぐぐっと減っておりまして、1冊づつご紹介いたします。

「PTAをラクにたのしくする本」の読書感想文です。
MORE…

2016/11/9

おすすめ本

2016年10月に読んだ本

2016年10月に読んだ本をまとめます。
「コンビニ人間」を読んで村田沙耶香さんが好きになって、「しろいろの街の、その骨の体温の」を読んで村田沙耶香さんが苦手になりました…。
MORE…